聖隷JFC 個々の能力を伸ばす
聖隷JFC

昭和56年に設立し、今年で35周年を迎えた聖隷ジュニアフットボールクラブ。

数々の大会でタイトルを獲得し、長年にわたり強豪として名を馳せる屈指の名門チームだ。

多くの子供たちが成長していき、ジュビロ磐田で活躍する山本康裕選手を始め、トッププレイヤーも輩出。

しかし、そんな名門でありながら入団の際のセレクションがないのも特徴。

そのため、現在では130名もの子供たちが、その高い指導力の下、大好きなサッカーに打ち込んでいる。



チームコンセプトは、個人技術・個人戦術。

練習では、一人でも局面を打開できる高い技術力を身に付けることを重視し、徹底的に個人技を磨くことでプレーの幅を広げている。

その高い技術は、フットサルでも大いに力を発揮し、バーモントカップで全国大会優勝を果たしたほか、JFAフットサルエンジョイ大会で6年連続となる全国大会に出場。

昨年は見事に初優勝を収め、日本の頂点に立った。



毎年、全日本サッカー大会やNTT西日本杯での県大会出場を目指している。

また、フットサルでは前回王者として7年連続の全国大会出場、そして、大会連覇を狙う。

聖隷JFC

■TEAM DATA

活動日 水曜以外

活動場所 聖隷学園サッカー場

団員数 130名

スタッフ数 6名

入団条件 幼稚園~小学6年生

月謝 幼稚園/1,000円、小学2年生以下/2,000円、小学3年生以上/3,000円

お問い合わせ

イズモホール東三方